幼児期の成長痛

中学生頃に成長痛を訴えることはよく知られていますが、実は2~6歳頃の幼児期にも成長痛と呼ばれている下半身の痛みがよくあります。

 

特徴としては、日中は元気に遊べるが夜寝ている時に急に足が痛いと言って目を覚ますことにあります。

痛み自体は長く続くわけではなく、またすぐに眠りにつきますが、翌朝にはケロッとしています。さすったり、だっこしていると痛みを訴えなくなりまたすぐに寝るのが特徴です。

 

部位は子どもによりますが、膝・スネ・足首など様々です。

この成長痛は足に炎症などがないため、次の日になると普通に遊びまわることができます。

 

一度痛みを訴えるようになると、月に1~3回の頻度で起こることケースがほとんどですが、多い子では週に2回はど痛みを訴える場合もあります。この頻度が1~2年続く場合が多いといわれています。

 

足が急激に成長している際中に起こるため、中学生頃と同様、成長痛と呼ばれていますが、

不安感や疲労感など精神的なものが原因ともいわれており、様々な説があるため確かなことは解明されていません。幼児期の骨の成長は、痛みを起こさなとも言われているため原因は精神的なものである場合があります。こういった原因がはっきり解っていないことから「成長痛」という呼び方は一般的な名称であり医学的に正式な名称ではありません。

 

 


おもちゃのレンタルはTOYBOX


 

 

幼児期に見られる成長痛の原因は様々考えられており、昼間遊んだ疲れで感じる疲労感を痛みと捉えて、うまく表現できずに「痛い」と言っているとも捉えられていますし、夜は子どもの意識が痛みや疲労に対し敏感になることから、就寝中に症状を訴えるともいわれています。

 

治療は特にありません。骨関節の変形やごくまれに起こるその他の病気(若年性のリウマチや白血病、むずむず病など)でないことさえ診察で確認できれば、過度に心配する必要はありません。小児科に掛かった際は痛み止めがでることもありますが。

 

正しい知識を備え、あまり心配し過ぎずに子どもに対し余裕を持って接することで子供自身も安心し痛みは消失していきます。痛みを訴えた際は気持ちの面で安心させることがポイントとなります。

このように心理的なストレスが原因である場合もあるため、保育園が始まったばかりの時や次子の誕生などの際はかまってほしかったり、だっこしてほしいなどのサインでもある場合があります。お子様のメンタル面のケアをしてあげてください。

 

 

成長痛は足の病気ではなく疲労や新生活などによるストレスが原因であることがほとんどです。夜中痛みを訴えた際は落ち着いて不安を取り除いてあげてください。「ここが痛いんだね」と共感してあげて、「すぐに良くなるよ」「ママはここにいるよ」とさすってあげながら安心させてあげることがポイントです。続くようであれば一度小児科で診てみてもらうとお父さんお母さんとしても安心できると思います。

 

 


おもちゃレンタルのTOYBOX

TOYBOXは定額制のおもちゃレンタルサービスです。
1~4か月ごとに定期交換が可能で、毎回総額15,000円程度のおもちゃが3~6個送られてきます。
追加料金なしの延長制度や特別価格での買取制度があり、レンタル商品は薬剤師監修の除菌を施しています。詳しくはHPをご欄下さい。
TOYBOXの公式HPへ