女の子のイヤイヤ期(2)

魔の2歳児、ともいわれるイヤイヤ期。どのお母さんも毎日の支度や子育てにため息をもらしてしまうのもこの時期なのではないでしょうか。わが子はかわいいけど、イライラするkとがある。可愛いからこそイライラしてしまう自分がツライ。そんな悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。今回はイヤイヤ期、男の子とはまた違った女の子のイヤイヤ期にるついて2回に渡ってご紹介します。

 

 

■ママになりたい女の子

ママが大好きな女の子。ママになりたい!という気持ちが男の子よりも強い傾向にあります。そんな2歳の女の子には、ごっこ遊びでママ役をやってもらってみてください。とても嬉しい気持ちになり、そのあとの行動がスムーズにいくでしょう。

歌やダンスが好きなのも女の子の特徴です。上が男の子だったりすると乗り物のおもちゃが多い場合がありますが、女の子が好きな歌や音のおもちゃを用意してあげると、とても喜ぶでしょう。

 

 

■やはり絵本は鉄板

好きな絵本を読んであげることは男女共通してリラックス効果を生みます。沢山遊んで興奮でなかなか寝付けない時などはゆったりとしたトーンで読んであげるのがポイントです。

 

■おもちゃを上手に使う

好きな動物などお気に入りのぬいぐるみを使って話しかけると全く違う反応を見せることがあります。ママやパパに言われたら嫌だけど、ウサギに言われたなら仕方ないなっ!ということが意外とあるんです。このキャラクターが好き!という気持ちを大切にしてあげると、大切なお友達や家族に大事にする、という気持ちが芽生え始めます。ぬいぐるみをかわいがる様子を大人が見せることで上手な愛情表現ができるようになるでしょう。

 

 

男の子とはまた違った特徴を持つ女の子のイヤイヤ期。共通して言えることは、やはり個人として尊重するということ。無理矢理思い通りに動かそうとしても逆効果になってしまいます。自分が職場の同僚やプライベートで会う友人に対してどういう姿勢でお願い事をするか、ということをイメージすると子供との接し方も見えてくるはずです。やはり相手の気持ちを伺いながら敬意を持って接しますよね。子どもも立派な一人の人間であり人格を持っています。そのことさえ押さえておけばイヤイヤ期における子育てのコツは半分以上得たともいえるでしょう。

 

 


おもちゃレンタルのTOYBOX

TOYBOXは定額制のおもちゃレンタルサービスです。
1~4か月ごとに定期交換が可能で、毎回総額15,000円程度のおもちゃが3~6個送られてきます。
追加料金なしの延長制度や特別価格での買取制度があり、レンタル商品は薬剤師監修の除菌を施しています。詳しくはHPをご欄下さい。
TOYBOXの公式HPへ