ブログ

ブログ一覧

空白期間ゼロ オプションのご案内

〈〈ご自宅のおもちゃ空白期間をゼロにするオプションサービス開始のご案内〉〉

 

おもちゃを返却した後、次のおもちゃが届くまで遊ぶおもちゃがなく、常に手元に遊べるおもちゃが欲しいというユーザー様の声をこれまでに多く頂きました。

そこで、TOYBOXでは新たに「空白期間ゼロ」のオプションサービスを開始する事に致しました。

申込みをご希望の方は担当までご連絡下さい。

 

毎月の月額料金に追加料金を加算することで可能になります。料金は以下の通りです。

 

30日コース    月額500円(税抜)

60日コース    月額300円(税抜)

120日コース  月額200円(税抜)

 

 

【実際の流れ】

①次回おもちゃプランの作成をLINEにてご依頼ください。(交換可能日の5日前より可能です。)

②次回のおもちゃプランをご提案→決定。

③交換可能日以降にユーザー様のご自宅に到着するよう発送致します。

※プランの決定に時間を要した場合は交換可能日を過ぎる事があります。

④次回分のおもちゃが到着した日を含めて3日以内にご自宅にあるおもちゃをTOYBOXに向けて発送して頂きます。

※3日を超えてしまった場合は1日につき100円(税抜)を次回引き落としで加算させて頂きます。

 

 

 

今回は月額料金を加算するオプションでしたが、今後TOYBOXでは料金を減算するオプションや様々な便利オプションなどユーザー様の多様なニースにお応えしていきます。

尚、ご不明な点がございましたら担当までご連絡くださいませ。

集中力の高め方(2)

集中力、一言でそう言っても大人と子どもでは集中できる時間にも差があります。例えば大人が集中できる時間は15分といわれています。ここに休憩を上手にはさむことで一度に90分間まで集中は持続させられると言われています。

一方子どもの場合はどうでしょうか。幼児は年齢+1分と言われています。つまり2歳であれば3分間、3歳であれば4分間集中力を保つことができるのが一般論ということです。これに比べ極端に集中できる時間が短い子どもは一度集中力について考え直してみるといいかもしれません。生活の中で意外なところにその原因があるのかもしれません。集中力が養われるのは7歳までの時期と言われています。家庭での物的な環境や親とのかかわり方が重要になってきます。ここでは子どもの集中力を高める方法、また集中力を低下させてしまう原因について紹介します。

(さらに…)

集中力の高め方(1)

集中力、一言でそう言っても大人と子どもでは集中できる時間にも差があります。例えば大人が集中できる時間は15分といわれています。ここに休憩を上手にはさむことで一度に90分間まで集中は持続させられると言われています。

一方子どもの場合はどうでしょうか。幼児は年齢+1分と言われています。つまり2歳であれば3分間、3歳であれば4分間集中力を保つことができるのが一般論ということです。これに比べ極端に集中できる時間が短い子どもは一度集中力について考え直してみるといいかもしれません。生活の中で意外なところにその原因があるのかもしれません。集中力が養われるのは7歳までの時期と言われています。家庭での物的な環境や親とのかかわり方が重要になってきます。ここでは子どもの集中力を高める方法、また集中力を低下させてしまう原因について紹介します。

(さらに…)

赤ちゃん返りの対応(2)

下に兄弟ができることは、親の死と同じ程のストレスを感じる。とまで言われている上の子の赤ちゃん返り。新たに生まれた家族で家の中は更ににぎやかになりますがどうしても乗り越えないといけないのが赤ちゃん返りです。少しづつ身の回りのことができるようになったのに、何もしてくれなくなることも。優しくし過ぎると甘やかしている感じもするし厳しく接しても何も状況は変わらない。ここでは赤ちゃん返りの対処法について紹介していきます。

 

(さらに…)

赤ちゃん返りの対応(1)

下に兄弟ができることは、親の死と同じ程のストレスを感じる。とまで言われている上の子の赤ちゃん返り。新たに生まれた家族で家の中は更ににぎやかになりますがどうしても乗り越えないといけないのが赤ちゃん返りです。少しづつ身の回りのことができるようになったのに、何もしてくれなくなることも。優しくし過ぎると甘やかしている感じもするし厳しく接しても何も状況は変わらない。ここでは赤ちゃん返りの対処法について紹介していきます。

(さらに…)