知育玩具はどう選ぶべき?選び方のポイントをご紹介!知育玩具はレンタルすれば費用が定額で経済的!

知育玩具はどう選ぶべき?選び方の視点3つとポイントをご紹介!

知育玩具はどう選ぶべき?選び方の視点3つとポイントをご紹介!

子どもの発達の支援を目的に知育玩具を選ぶ際、どのようなおもちゃを選ぶべきか悩んでしまうママやパパもいらっしゃると思います。そこで、知育玩具の選び方や選ぶ際に必要な視点についてご紹介していきます。

知育玩具を選ぶ際に注目すべき3つの視点

おもちゃを選ぶ際にチェックしておきたいポイントは3つに分類することができます。1つは「からだの発達」、2つ目は「こころの発達」、そして3つ目は「社会性の発達」です。

例えば、からだの発達としては、感覚の発育、手指の運動、全身運動といったステージがあります。こころの発達には、色や形の認識、言語の理解、物事の理解といったステージがあります。そして社会性の発達には、自尊心の習得、コミュニケーション能力の向上、情緒の発達などが挙げられます。大切なのは子どもが何に興味を示していて、どのようなことができるかをよく観察することです。

具体的な知育玩具の選び方のポイント

サイズや素材の違いは、赤ちゃんや幼児期の子どもの興味を引きます。なぜなら、違いに気付くことが楽しいと思う時期があるからです。「時期がある」と言いましたが、そうすると月齢・年齢を意識する必要があります。わかりやすく言うと「難易度」を考えておもちゃを選ぶということです。

また、月齢が変わればおもちゃの遊び方が変わります。例えば積み木は、最初は握ったり触ったりして遊ぶだけですが、そのうち親の積んだ積み木を崩す遊びを覚えます。ある程度成長すると、次は積み上げる楽しさを覚えます。そのため、遊び方を変えてどのような遊びができるかをイメージしながら選ぶことも大切な要素となります。

最後に、親の育児方針や希望に合わせた選び方もご紹介します。数字が好きな子どもに育ってほしい場合、数えて遊ぶようなおもちゃを選ぶと良いでしょう。子どもに美術に興味を持ってほしい場合は、美しいフォルムを持ったヨーロッパのおもちゃに触れたり、クレヨンやお絵かきセットも良いでしょう。

知育玩具のレンタルなら保育士と相談しながらおもちゃが選べる【TOYBOX】~レンタルなら費用が定額で経済的~

知育玩具のレンタルなら保育士と相談しながらおもちゃが選べる【TOYBOX】~レンタルなら費用が定額で経済的~

知育玩具で遊ばせたいという時は、知育玩具のレンタルを行う【TOYBOX】をご利用ください。保育士と相談しながら、子どもの成長段階に合ったおもちゃを選ぶことができます。おもちゃに関する相談だけでなく、子育て相談や薬剤師によるお薬相談にも対応可能です。

子どもが成長する度におもちゃを購入していると出費がかさんでしまいますが、レンタルなら費用が定額なので余計な出費を抑えることができます。経済的かつ子どもの成長に役立つおもちゃをお求めの際は、【TOYBOX】のレンタルおもちゃをご利用ください。

知育玩具のレンタルをするなら【TOYBOX】

会社名 株式会社みのり
代表者 岩瀬裕紀
住所 〒787-0013 高知県四万十市右山天神町9−28
資本金 500万円
設立 2017年10月
URL https://toybox-minori.com/