幼児向けのヨーロッパのおもちゃなら人気のおもちゃが揃う【TOYBOX】へ~ヨーロッパと日本のおもちゃの違いとは?~

ヨーロッパのおもちゃはなぜ人気?日本のおもちゃとの違いとは?

ヨーロッパのおもちゃはなぜ人気?日本のおもちゃとの違いとは?

日本のおもちゃは質の良いモノが実に多く、量も豊富です。取り扱い説明書も丁寧に書かれていて誰でも簡単に組み立てたり扱えたりできるというメリットがあります。しかし、近年はヨーロッパのおもちゃも人気が高まってきています。

ヨーロッパと日本では、おもちゃにどのような違いがあるのでしょうか?

おもちゃへの価値観は年齢や国で様々

子どもにとってのおもちゃと、大人にとってのおもちゃは価値観が異なることがあります。大人は購入したおもちゃの機能やデザインを重視しがちですが、2歳や3歳くらいの子どもにとってはお店に並んでいるおもちゃを自分で選び、買って貰ったという経験の方が嬉しいという場合もあります。

また、日本はアニメのキャラクターが豊富で良質なおもちゃがたくさん揃っていますが、海外では国によってその価値観も多種多様です。貧しい国ではゴミ山が遊び場になり、ゴミがおもちゃになることだってあります。自然に囲まれた国では、昔ながらの木のおもちゃを大事に使い続けるというところもあります。

すべてに共通して言えるのは、「どんなおもちゃを用意しても子どもは与えられた環境を楽しむ才能を持っている」ということです。

スイスやドイツなどヨーロッパでは木のおもちゃに定評がある

ヨーロッパの国々のように木々に囲まれた地域では、木のおもちゃを大切にする傾向があるようです。一昔前なら、森林でおじいさんが作った素朴な作りの木製人形や積み木を子どもが大切に使っていました。機能性や種類は豊富ではなかったかもしれません。しかし、子どもたちは自らの発想力や創造力を使っておもちゃ遊びを楽しんでいたそうです。

種類が豊富な日本のおもちゃと芸術的でスタイリッシュなヨーロッパのおもちゃ

先にも述べましたが、日本はおもちゃの種類が豊富です。愛着を持って1つのおもちゃを長く愛用するというよりかは、多くのおもちゃに触れて様々な経験をするといったイメージがあります。ヨーロッパのおもちゃは、私たち日本人にとって色合いや模様、デザインもどことなく芸術的で魅了される要素が多くあります。また、ドイツは勤勉さや真面目さといった日本人に似た国民性があり、日本人が共感できる価値観が多くあると言われています。そのため、ドイツ製のおもちゃは日本でも人気があります。

幼児向けのヨーロッパのおもちゃを扱う【TOYBOX】は木のおもちゃが豊富で衛生面もバッチリ!

幼児向けのヨーロッパのおもちゃを扱う【TOYBOX】は木のおもちゃが豊富で衛生面もバッチリ!

幼児向けのヨーロッパのおもちゃをお探しなら、【TOYBOX】をご利用ください。ドイツ・スイスなどヨーロッパのおもちゃ、アメリカのおもちゃ、日本のおもちゃを中心に取り寄せており、木のおもちゃも豊富にあります。

衛生面の管理も徹底しており、レンタルするおもちゃはプロトクリン・アクアという強力で人に優しい除菌剤で除菌しています。そのため、幼児向けのおもちゃも安心してお使い頂けます。

「幼児向けのおもちゃは手入れが大変」「子どもが飽きる度におもちゃを買い足すのはもったいない」とお困りの方は、ぜひ【TOYBOX】へご相談ください。お客様の要望をもとに、お子様に適したおもちゃを提供いたします。

幼児向けのヨーロッパのおもちゃをお探しの方は【TOYBOX】へ

会社名 株式会社みのり
代表者 岩瀬裕紀
住所 〒787-0013 高知県四万十市右山天神町9−28
資本金 500万円
設立 2017年10月
URL https://toybox-minori.com/