人気のレンタルおもちゃで子どもと楽しく遊ぼう!~1歳や2歳の子どもがおもちゃを投げてしまう理由とは?~

なぜ子どもはおもちゃを投げてしまうのか?その理由と対処法とは?

なぜ子どもはおもちゃを投げてしまうのか?その理由と対処法とは?

子どもがおもちゃを何度も投げるので困っているというママパパも少なくありません。しかし、投げるという行為は子どもからのメッセージであるケースや、投げること自体が遊びになっているケースがあります。

理由を理解し上手に対処する方法を紹介していきます。

何度直しても子どもがおもちゃを投げてしまう

6ヶ月頃からモノをつかめるようになり、1歳前後にもなると、子どもがベッドやソファの上からおもちゃや両親のスマホを何度も落とすといった行動が見られることもあると思います。時には大声で注意してしまうこともあると思いますが、実は子どもにとっては困らせたいとか、イライラしているとかではなく単純にモノを投げて遊んでいるだけということも考えられます。

そのような時、子どもはモノが落ちた時の音を楽しんでいるかもしれません。または、「はいどうぞ」とママが渡してくれることを楽しんでいるかもしれません。ただ注目して欲しくて物音を作っていることも考えられます。子どもにとってはすべてが遊びでありコミュニケーションなのです。

2歳前頃から感情的になって投げてしまうこともある

2歳前くらいになるとコミュニケーションが取れるようになりますが、言葉で伝わらないストレスや思い通りにいかないというストレスでモノを投げてしまうことがあります。しかし、それも子どもからのメッセージである可能性があるのです。

投げるという動作は、そのままにしておくと習慣化してしまうことも考えられます。会話ができるようになったら「投げられたおもちゃが痛そうにしている」「〇〇できないから投げてしまったの?」と子どもの気持ちを察してあげましょう。はじめのうちはうまくいかなくても、コミュニケーションを取り続けることで子どもの気持ちがわかるようになり、子どもの方もまた親の気持ちや言いたいことをくみ取ってくれるようになってきます。

かんしゃく期の投げるという行為は学びの場でもある

イライラや大泣きをしながら子どもがおもちゃを投げる時は、子ども本人にとってもどうしようもない時です。そのような時は優しく見守りまずは落ち着くのを待ちましょう。

単純に「ダメ」と言ったり「おばけがくるよ」と言ったりするだけでは、子どもには伝わりません。落ち着きを取り戻して来たら優しく抱きしめて「○○がいやだったね」などと寄り添い共感する姿勢を見せてあげてください。「投げる」という行動はコミュニケーションの機会であり、自分で感情をコントロールする練習になるチャンスであると考えるようにしましょう。

人気のレンタルおもちゃなら6ヶ月・1歳・2歳…と子どもの年齢に合ったおもちゃで遊べる

人気のレンタルおもちゃなら6ヶ月・1歳・2歳…と子どもの年齢に合ったおもちゃで遊べる

人気のレンタルおもちゃを利用することで、6ヶ月・1歳・2歳…と子どもの年齢や成長段階に合ったおもちゃで遊ばせることができます。

レンタルおもちゃを提供している【TOYBOX】では、人気の高い木のおもちゃや海外のおもちゃを取り揃えており、保育士のスタッフがお客様のリクエストに応じてお子様に適したおもちゃを選定しています。

子どもがおもちゃを投げてしまうことも十分に理解しているため、そういった場合の対処法やおすすめのおもちゃの相談にも対応可能です。

年々、人気が高まっているレンタルおもちゃの利用をお考えの方は、【TOYBOX】へお問い合わせください。

人気のレンタルおもちゃを提供する【TOYBOX】

会社名 株式会社みのり
代表者 岩瀬裕紀
住所 〒787-0013 高知県四万十市右山天神町9−28
資本金 500万円
設立 2017年10月
URL https://toybox-minori.com/