3歳頃から始まるごっこ遊びが子どもに与える影響とは?~人気のレンタルおもちゃでごっこ遊びを楽しもう~

知らないと損する!ごっこ遊びが子どもに与える影響とは?

知らないと損する!ごっこ遊びが子どもに与える影響とは?

子どもは3歳くらいになると会話が上手にできるようになるので、本格的にごっこ遊びをするようになります。保育園や幼稚園でも人気のごっこ遊びですが、実は子どもの成長に欠かせない要素が多く含まれている遊びだったのです。

ごっこ遊びとは?

小さな子どもは大人や同年代の子どものマネをしながら成長していきます。最初はママとパパの言葉をマネして言葉を覚えます。次第に、おもちゃ遊びやお絵描きでもマネをするようになります。3歳前後にもなると、お店屋さんごっこやお医者さんごっこ、家族ごっこなど様々なごっこ遊びをするようになります。

ごっこ遊びをしながら子どもたちは何を学ぶのか

ごっこ遊びは1人でもしますが、基本的には2人以上でする遊びです。そのため、協調性や社会性が身につくことが期待されます。1人でごっこ遊びをする場合でも、子どもはおもちゃを使ってパパとママと私といった複数の人物を登場させますが、そこでやり取りを考え会話を続けようとします。親や保育園の先生、友達に言われたことを反復し、言葉のやり取りや社会のルールを考える機会にもなります。

ごっこ遊びの注意点や遊びに役立つおもちゃについて

ごっこ遊びは子どもの発想がベースになるため、親が「それは違う」と頭ごなしに否定してしまうと発育の邪魔になってしまう可能性があります。そのような時は、新たな展開を示してあげるような言葉がけをして一緒にごっこ遊びを楽しむことが必要です。

また、ごっこ遊びに必要なおもちゃの選び方も重要になってきます。八百屋さんごっこであれば本物の野菜を使ってみたり、新聞紙や紙で作ってみたりするのもいいでしょう。警察官ごっこなどは手錠や警察手帳などのおもちゃを購入することで、どのような道具を使って仕事をしているのかをイメージする手助けにもなります。

人気のレンタルおもちゃでごっこ遊びを楽しもう!0歳や3歳など年齢に合ったおもちゃを提供する【TOYBOX】は東京からの依頼も受付中

人気のレンタルおもちゃでごっこ遊びを楽しもう!0歳や3歳など年齢に合ったおもちゃを提供する【TOYBOX】は東京からの依頼も受付中

子どもがごっこ遊びを始めたら、人気のレンタルおもちゃを利用して色々なパターンのごっこ遊びを体験させませんか?

【TOYBOX】では、病院のドクターセットや消防車のおもちゃなど、ごっこ遊びがより楽しくなる人気のおもちゃもレンタルしています。子どもが別の仕事や環境に興味を持った場合でも、レンタルおもちゃなら別のおもちゃと取り替えることができます。

レンタルおもちゃで済ませた分、衣装などを用意してあげることで着替えの練習にもなります。また、【TOYBOX】のレンタルおもちゃには着替えを練習するおもちゃもあるので、遊びながら普段の生活に役立つスキルを身につけることも可能です。

高知を拠点とする【TOYBOX】ですが、もちろん東京など県外へのレンタルも承っており、本州・四国・九州で同一料金とさせて頂いております。対応エリアの詳細に関しては、HPをご確認の上、ご不明な点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

人気のレンタルおもちゃを提供する【TOYBOX】

会社名 株式会社みのり
代表者 岩瀬裕紀
住所 〒787-0013 高知県四万十市右山天神町9−28
資本金 500万円
設立 2017年10月
URL https://toybox-minori.com/